図書館の大きさによって仕事内容が違っているの?

最近では、やりがいのある仕事に就きたいと望んでいる人が幅広い世代で増えてきています。

専門的な知識やスキルを活かして人のために役立つ職業には、図書館司書があります。

図書館司書は、来館者の探している本や雑誌を探し出して貸し出したり、返却手続き、書架整理などを行います。

国家資格を取得しておくと、就職の際にも非常に有利となりますよ。

全国各地に図書館がありますが、その大きさは場所によって異なります。

小さな図書館では、本の冊数が限られますので職員の数も少なく、仕事内容も規模の大きな図書館と比較して限定されています。

一方、規模の大きな図書館では、多くの人々に本の魅力を伝えてもっと利用してもらうための広報活動を行う機会が多くなっています。

本の読み聞かせなど積極的に行っています。

さらに、図書館司書は運営にも携わる場合もあります。

どうすればもっと多くの人々に本の楽しさや魅力を伝えることができるかを、徹底したアンケート調査などを行って調べて役立てているのです。

公共図書館に勤務する司書の業務内容を口コミ

司書の仕事って楽しい、32歳女性

このように、図書館の大きさによって、司書の持つ役割は多種多様化しているのです。

専門知識や経験を活かして、最大限の努力を重ねています。これからも、その人気はますます高まっていくとみられています。

図書館の大きさ、専門性、等々で同じ図書館の仕事でもかなり違いがあります。

最短で図書館司書の資格を取得するには?(通信)

関連記事